麻貴のひとりごと

遺伝子が教えてくれたこと

遺伝子 DNA 腸内細菌 腸内フローラ

昨年末のことですが
遺伝子検査を受けてきました

遺伝子検査というのは
便から採取した腸内細菌から
個人の身体や心の状態がわかるというもの

採取した腸内細菌を培養する期間が必要なため
結果が出るまでに時間がかかります

というわけで
昨日やっと
その結果を聞きに行ってきました

どんな項目について調べるのか
わかっていなかったので
ワクワク♡

何が聞けたかというと
腸内細菌(日和見菌・善玉菌・悪玉菌)のバランスと
その内訳はもちろんのこと

身体のどこが弱いのか
どんな病気になりやすい傾向があるか
肥満リスク
不妊のリスク
意識の向きやすい方向
ストレス耐性
など

遺伝子でそんなことわかるの〜?って
びっくりなことがたくさんでした

結果は…

善玉菌が多すぎ、悪玉菌が少なすぎ

お肌と腸が弱くて
(腸が弱いので身体も下半身が弱い)
不安はゼロ、ストレスに強い

という特徴があるようです

う〜ん
すべて激しく納得、でした

特筆すべきは
不安のレベルがゼロ(なんならマイナス)なこと
ストレスに強い
という点でしょうね

ストレス 脳天気
なんてありがたいことなんでしょう

このご時世に
不安を感じることなく
ストレスにも強いって

素晴らしいギフトをいただいて
生まれて来たんだと
ほんとうに感謝です

とはいえ
骨盤底筋や膣のケアを始めてから
以前よりは
感情の起伏が激しくなっている実感があり

実際
落ち込んだりメソメソすることもあるので

「わたし脳天気じゃなかったーーー!!!」って

ブログタイトルである
【脳天気のおすそわけ】に
違和感を抱いたりしていたのですが…

とんでもなかったんですね

やっぱりわたしは脳天気だったことが判明しました

面白いことに
菌というのは2時間程度ともに過ごすと
(おそらく至近距離での
いわゆる濃厚接触でしょうけど)
交流し始めるようなので

わたしの脳天気菌を
みなさんにおすそわけすることが可能なんです

なんとなく名付けた
【脳天気なお茶会♫】
なんてぴったりなネーミング♡

脳天気菌に感染したい方は
ぜひお茶会や講座にお越しくださいね♡

脳天気