貴女へのメッセージ

他の誰かではなく、自分自身であれ

自分らしさ 自分を愛する

タイトルの言葉

昨日なんとなく立ち寄った本屋さんで
なんとなく手にした本をパラパラとめくっていて
目に飛び込んできたものです

よく聞く言葉だし
日頃そうありたいと思っていることだし
だから意識できていると思っていたこと

でも
この言葉を目にした時

なぜか
ガツーン!!
と来たのです

わかっているけど
改めて

そうあることの覚悟を問われているような
そんな気持ちになりました

そうしているつもりでいたけれど
ついつい忘れてしまうから
また改めて
目に触れさせてもらったのかも知れませんね

わたしたちは
生まれたときから
すでに
唯一無二の存在です

だから
すでに自分自身でしかないのだけれど

それでも日々
さまざまな媒体を通して
すり込まれる

美しさの基準
健康の基準
豊かな生活の基準
人としてのあり方
などの
常識や概念…

マスメディア メデイア コントロール 洗脳
さらに

これらの刷り込みは
マスメディアに限ったことではありません

親や友人
上司や教師

あらゆるところから
知らず知らずのうちに
起こっています

しかも
悪意をもって
というのではなく
むしろ
その人の為を思って
という場合の方が多いでしょう

そうして
わたしたちは
自分でも気づかぬうちに

自分の基準を失っていくのです

自分の感覚が信じられず
自分の快・不快がわからなくなり
自分をないがしろにしてしまう

その枠にはまることができない自分を責めたり
人をうらやんだり
他の誰かになりたがったり…

そうすればするほど
自分が窮屈になっていって
つらくなるだけなのに

そうせずにはいられない

そうなるよう
仕向けられているから
仕方ないのかも知れないけれど…

そんな中でも
違和感に気づき始めている人は多いはず

違和感に気づいているけれど
そのループから抜け出す術がわからない

ふだんは
自分を責めないでね〜
そのままでいいよ〜
って
ふんわり伝えたいわたしだけれど

もしも
自分自身を取り戻したいと
本気で願っているのなら

覚悟をもって
【他の誰かではない、自分自身でいること】を
選択し
宣言するのもいいんじゃないかな

わたしはわたしに
宣言しました(^_^)v

自分らしさ