ママ達へのメッセージ

好きなこと、得意なことで生きて行く

子どもの才能 素質

この度長女が
ミュージカルで主役を務めることになりました♡

一日限りのミュージカルではあるのですが
幼い頃から真っ直ぐに夢を追いかけてきた姿を思うと
母としてはほんとうに感慨深いものがあります

長女のように
幼い頃からの夢を追い続ける子は
多くは無いのかも知れませんが

親としては
こどもが夢を叶えていく姿を見られることは
とても嬉しく、幸せなことです

安定が得られたり
高収入が期待できたりという観点で
こどもの進む道を提示する親御さんも
いらっしゃるかも知れませんが

それもこれも
全てはお子さんの幸せを願うからこそですよね

ほんとうは親がレールを敷くのではなく
こども自身が望む道を歩んでほしいと
願っているママ達は多いのだと思います

では
どうすればこども自身が道を見つけていけるのか

わたし自身
絶対コレ!!
という答えは持っていないし
こどもによって違うこともあるでしょうから
一概には言えませんが

ひとつ提案できるとしたら

【こどもの興味を邪魔しない】

これ、だいじかな
と思います

長女の例をあげてみますね(^_^)

長女は赤ちゃんの時から
とっても人見知りでシャイな女の子でしたが

ある時から
家で歌を歌うことが多くなっていることに気づきました

わたしとしては
上手だから自信を持たせてあげたい
という気持ちで

「上手ね♡」
と声を掛けるのですが

聞かれていることに気づくと
「聞かないで!」
と言ってやめてしまうので

ちょっぴり残念に思っていました

ところが…

小学3年生に上がる時に
引っ越しを機に
転校することになり

そのお別れ会で
なんと!
あのシャイなむすめが!!
主役自ら(しかもひとりで)
歌を披露したのです!!!

それを見たわたしは
ひょっとして歌がこの子の道なのかも知れないと
長女をミュージカルに連れていくことにしました

すると観劇を終える頃には
「わたしは舞台に立つ!」
と宣言した長女

その後すぐに
歌とピアノを教えてくれる先生との出会いがあり
さらに音楽や舞台の楽しさを知ることになりました

それから夢を諦めることなく追い続け
今に至るというわけです

こどもって
自由にさせていたら
勝手に楽しいと思うことをやり始めるものです

親はそれを観察していたら
自然とその子の興味のあるものや得意なことが
見えてくるでしょう

それがわかれば
あとは
そこを伸ばしてあげられる環境を整えるのみ!

わたしはというと
余計な口出しはせず
音楽の成長に関してはプロの先生におまかせし
ただただ応援するのみで
なんとも楽ちんな母でした♫

一方
二女については
2、3歳からでしょうか
かなり幼い頃から
人間の身体に興味津々で

「人間のベロはどこから生えているの?」
「わたしは水中で苦しいのに、お魚が苦しくないのはなぜ?」
など
なかなか面白い視点で
たくさん質問をぶつけてくる子でした

まだ幼稚園生だというのに
当時開催されていた【人体の不思議展】に
連れて行ってくれとねだられ

会場では
「これが消化器系か〜」なんて言いながら
意気揚々とスケッチをするような子でしたから

将来はお医者さんかしら?
なんて思っていたのですが
どうもお医者さんには興味がなかったらしく…

長女と違って
二女はたくさんのことに興味のあるタイプで

まだチャレンジしてみたいことが
いくつかあって
絞り込めないようです

でも
わたしはそれはそれでいいと思っています

やりたいことはぜーんぶ
気が済むまでやってみたらいい♫
それが職業に繋がってもいいし繋がらなくてもいい

楽しいことは人生を豊かにしてくれる♡
たとえ職業でなくとも
その子が幸せになれる瞬間が増えるのですからね

いくつものことにトライしてみて
その中から生きる道も見つかっていくのでしょう

タイプの違うふたりのむすめ

だけどどちらの未来も明るい☆
というのは信じて疑わない母なのでした(^_^)

長文お読みいただき
どうもありがとうございます♡

最後に…
長女の出演するミュージカル
『星の王子さま』

ご興味のある方は下記のリンクを
チェックしてみてくださいね♡

ミュージカル『星の王子さま』詳細

星の王子さま ミュージカル