麻貴のひとりごと

二女の成人式の日に想うこと

成人式 

我が家の二女が
昨日
めでたく成人の日を迎えました

長女があげたインスタには
「成人おめでとう」のコメントと共に
むすめたちが幼い頃の写真の数々…

すべてふたりが寄り添っている写真

その写真達を見て
うちのむすめ達ってなんて可愛いの〜
(((o(♡´▽`♡)o)))

って
いつもの親バカが炸裂したことは
言うまでもありません

その投稿を見ていたら
あらためて

こんなに小さくて
いつもわたしにくっついていたふたりが
これからは
自分で人生を歩んで行くんだな〜って

しみじみとした想いにふけっていたのですが

ふと
こどもたちの成長とともに
わたしたち親も年齢を重ねていき

これまでお世話していた親を
今度はこどもたちが気遣うようになって

健気なこどもたちは
親孝行しなくちゃとか
親のお世話をしなくちゃ
なんてことを
考えるようになったりするのかも知れないな

ということが頭に浮かびました

うちの子に限らず
こどもたちって
そんな風に思う子が
少なくないのではないでしょうか

実際
親の方もそれを期待していたり
そうしてくれるものだと思い込んでいたり
ということもあるかも知れません

でもね
むすめたちの写真を眺めていて

こどもって
生まれて来てくれただけで
その存在だけで

もうじゅうぶん過ぎるほど
親を幸せにしてくれているものだと実感しました

まず存在が可愛すぎる♡

その上
こどもが親に向ける愛って
ほんとうに深くて尽きることがない

尽きることがない…無尽蔵…
む人造人間キャシャーン…
こんなアホなこと書いちゃいけないと
思えば思うほど頭から離れないから
書いとこ(-_-)

話を元に戻して

こどもが親(特に母親)を思う気持ちって
親が子を思う気持ちよりも
純粋で無条件

こどもだけが
どんな母親であっても
丸ごと
全身全霊で愛してくれる存在なんじゃないか
って思うんです

こどもの存在が
わたしを生かしてくれている

そう思ったら
むすめ達には感謝しかありません

わたしを選んで
おかあさんにしてくれて
本当にありがとう♡

ママはふたりのママになれて本当に幸せ♡

二女の成人式の日に♡

愛する娘たち