プライベート

二女の20歳を機に想うこと

数日後に控えた
二女の20歳のお誕生日

お誕生日の前日・当日と
二女の都合がつかないため

昨日
数日早いお祝いをしました

我が家の恒例行事として
3世代大集合のお祝いもあるのですが

今回は20歳の
特別なお誕生日ということで

元夫・わたし・長女・二女の
親子4人でもお祝い♫

20歳のお誕生日には
大人への第一歩ということで
両親からはちょっと大人のプレゼントを用意したい
というのが
長女の頃からのわたしの希望だったのですが…

離婚してしまった今
元夫の協力が得られるのか
ちょっと不安になりながらも
長女に探りを入れてもらうと

あっさりOK♡

というわけで
無事に二女の20歳のお誕生日も
長女同様にお祝いできることになり
一安心♫

銀座のブティックでショッピングして
六本木でディナー

という大人コースのお祝いをしてきました♫



二女が20歳を迎えるにあたり
二女に対しての
何か感慨深い想いが
押し寄せてくるかと思いきや
そうでもなく

…もちろん思うところはありますけどね(^_^)

わたし
2人の娘に関しては既に
わたしが居なくても
しっかりと自分で人生を切り拓いて
生きていけるとわかっているので
何の不安や心配もないのです

だからなのか
昨日は
二女に対しての想いよりも
元夫への感謝の気持ちの方が
強く湧いてきました

わたし
自分がこうしたい!と思ったことに関しては
決して譲ることができない
頑固な一面を持ち合わせています

ですから
自分の人生の選択もそうだし
子育てについても
元夫には相当な協力をしてもらいました

一応相談という形は取っていたものの
いつの頃からか
どうせわたしは
やりたいようにしかやらないということを
悟ったようで

「もう決めたんでしょ?」
と言って
結局はいつも
わたしの方針を受け容れてくれていました

いま思うと
本当にありがたいことです

22年もの結婚生活で見えなかったことが
離れてみると見えたりして

こんなにも自然に
感謝の想いが湧いてくるとは
自分でもちょっとした衝撃でした

帰宅後
元夫に無事帰宅した連絡と
素敵なお祝いができたことへのお礼を伝えると

「僕のお陰は2割程度。
後は麻貴や娘たちの目配り・気配り・思いやり・寄り添いだと、しみじみ感じました。ありがとう」

との返信

そんな風に想ってくれるなんて
これまたありがたく
嬉しいもので…

わたしと元夫とは
娘たちを育て上げるという
同じ目的を持った
いわば同志

もちろん
これでご縁が切れる訳ではないけれど

そのお役目は
二女が20歳を迎えることで
そろそろ終わりが見えてきました

そのことが感慨深く

ねぎらいの気持ちと
感謝の気持ちが湧いてきた

二女の20歳のお誕生日でした