麻貴のひとりごと

SNSって実はあんまり好きではないのですが…

昨日はお誕生日でした(^_^)♫

子どもの頃から
わたしの中でお誕生日って
特別な日

個性の強い兄弟姉妹の中で育ち
わがままを言わず
いい子ちゃんな
こどもだったからか

お誕生日だけは
わたしの日♫
という感じがして嬉しかったのですね

…とは言え
お誕生日が1日違いの妹がいるので
わたしだけの特別な日
ではありませんでしたが(^_^;)

それでもやっぱり
いまだにお誕生日は特別で大好きな日♡

昨日は
彼がお祝いをしてくれて
とっても幸せな一日を過ごしました♡

自然が大好きなわたしですが
ときどきおしゃれをして都内でデートするのは
とってもウキウキするものです♡

わたしが大切にしていることを
尊重してくれる
そのことに本当に感謝しています



ところで
今日の本題!

彼や家族にお祝いしてもらうのが嬉しいのは
もちろんのことなのですが

今年はSNSで繋がっている皆さまからの
メッセージが
なぜか例年よりも
わたしの心に深く響きました

実はわたし
SNSってそんなに好きではありません

…というか
SNSでの繋がりよりも
実際に顔をつきあわせたお付き合いがしたい
と言った方が正しいでしょうか

SNSに振り回されるのも
多くの時間を割かれるのも
以前のわたしにとっては
できるだけ避けたいことでした

ところが
去年1年ほどSNSから
遠ざかっていた期間を経て
今年の5月に投稿を再開すると

これまで
時に煩わしささえ感じていたというのに
以前とは違ったものを
感じ取っている自分がいることに気づいたのです

SNSの「いいね」から
その人の想いが伝わってくるような気がするのです

コメントを下さる方は言うまでもないのですが
コメントがなくても

なんとなく

わたしを温かい目で見守ってくれている
とか
好意的な目で見てくれている
とか

そんなことが伝わってくるのです

お誕生日は
特にたくさんの方からメッセージをいただき
皆さんおめでとうの気持ちを乗せてくださるので
それはそれは嬉しくて

自分が皆さんから応援してもらっているような
温かいエネルギーの循環が生まれているような

そんな気がして
とてもありがたく
感謝の気持ちが湧いてきました

顔をつきあわせたお付き合いを大切にしたい気持ちに
変わりはないものの

遠く離れた人や
普段あまり会う機会のない人との
コミュニケーションツールとしてだけでなく

こまめに愛を伝えるツールでもあるのかも知れない♡と

SNSの見方が変わった
今年のお誕生日でした♫