さとう式リンパケア

自分自身を俯瞰する

以前
さとう式リンパケア東京事務局スタッフとして
数回メルマガを担当していたわたし

今日はそのメルマガ
使い回し
時効だろうからシェアしちゃえシリーズ第2弾

今回は自分自身を俯瞰してみよう!
という話

*********************************************

身体のどこかに不調がある時、わたし達は、その部分ばかりに気を取られがちです。
まだ痛い、まだ痛いと、痛みにフォーカスしてしまったり、その不調をどうにかして取り除けないかと、そのことばかりに囚われたりしていませんか?

これは身体の状態に限ったことではありません。

何か問題が起こったとき、日々の忙しさに追いまくられている時、わたし達の行動は、その場をやり過ごすことばかりに偏っていたり、目の前の、ほんの小さな一部しか、見えなくなっていないでしょうか?

では、あなたが囚われているその問題は、あなたの人生を左右するほどのものなのでしょうか?

あなたは、あなたが主演を務める映画の監督、とか、あなたはゲームの主人公でありプレイヤー…といった話を聞いたことがあると思います。
これはつまり、自分自身を俯瞰する、ということの例えなのですが…

後者の例をとって考えてみましょう。
ゲームと言えば、必ずゴールが存在しますよね?
ゲームのプレイヤーであるあなたは、そのゴールに向かうために、目の前に立ちはだかる敵や問題をクリアしていきます。
そしてその時、あなたの頭の中には、目の前のことを処理しつつも、ちゃんとゴールが見えていますね。
ゴールがちゃんと見えているから、いつまでも同じ敵と戦い続けたり、一カ所に留まったりはしないはず。

しかし、現実はどうでしょう…

ゴールは見えていますか?
ゴールに向かって歩を進めていますか?

ゴールなんてない、という考え方もあるでしょう。
それはそれで良いのです。
でも、あなたがご機嫌でいられる選択をしてほしいのです。
あなたの身体の声・心の声に耳を傾けてほしいのです。

痛みや不調ばかりに囚われないで、その先の光を見て欲しいのです。

痛みや不調から解放されたら、何をしたいですか?
どこに行きたいですか?
誰と幸せを分かち合いますか?

ゲームのプレイヤーの視点で、あなたを観察してみると、これまで見えなかったことが、見えてくるかもしれませんよ♬

*********************************************

もしも今
貴女がゲームの中盤で
一カ所にとどまって堂々巡りしているのなら…

やれやれ
かわい子ちゃん
こっちだよーって

ひょいっとつまみ上げて
早く先に連れて行ってあげましょう(^_^)♫