貴女へのメッセージ

自分で自分に制限をかけていませんか?

わたしは
さとう式リンパケアという
健康美容法のインストラクターをしています

さとう式にはいくつかの資格があるのですが
その中のひとつに
セルフケアマスターという
セルフケアをお伝えするプロフェッショナルになれる
資格があります

今日は
わたしの受講生である
セルフケアマスターさん達にリクエストをもらい
セミナーを開催しました

ランチの時に
みんなで自分たちの未来について
楽しく語っていたのですが

その中のひとりの発言に
どうにも違和感を感じる…

わたしが抱く彼女へのイメージと
彼女が語る未来の姿

とってもギャップがある

だけど彼女は
嬉しそうに未来を語っている

人の未来像にツッコミを入れるのも
気が引けたので
その場は
うんうんと
聞いていました

解散後
彼女だけまだ時間があるというので
少し話をすることに

やはりテーマは
わたしたちのこれからについて

先ほどと同じように
楽しく話をするものの
彼女の言葉の端々に
やはり彼女が描く未来像とは
マッチしない言葉が…

思い切って
彼女の話に
とっても違和感があることを伝えてみました

すると
出てくる出てくる
超テンションの上がる彼女の未来♫

あんまりにも具体的で
聞いてるこっちも
ワクワクしてくるほど♫

結局
彼女の本当の願いは
自分が思っていたよりも
だいぶだいぶ
だ〜いぶ
大がかり(^_^)♫

彼女のように
自分の可能性を
小さく見積もってしまう人って
とっても多いと思います

わたしもそうでしたから
よくわかります

でもね
自分に制限をかける必要は
どこにあるんでしょう?

やったことがなくたって
いまの自分には
とうてい無理だと思えたって

やってみたいこと
ワクワクすることがあるなら
妄想を膨らますくらい
誰にも文句は言われませんよね

もしも
その妄想を現実化させられそうな
はじめの一歩を
見つけたら…
踏み出しちゃったら

面白いことになるかも知れませんよ♫

子どもの頃
母がわたし達によく言ってくれた言葉

その時は
あまり響かなかったけれど
いつも忘れず
心にあった言葉

【さあ、大空に向かって羽ばたきなさい】

この前後を忘れてしまったのが
わたしの残念なところですが

今ならわかる気がします

【貴女には無限の可能性があるから】