貴女へのメッセージ

どうせ半分の人に嫌われるなら…

わたし
中学生の時に
いじめに合いました

気が強いところがあるので
当時はいじめられていることを
認めていなかったし
一日たりとも
それが原因で
学校を休むことはしませんでした

いじめだと認めてしまったら
きっと自分が潰れてしまうと
思っていたのだと思います

大人になって
やっと
あれはいじめだったと
認められるようになりました

子どもの頃から
わたしは
どちらかというと
友達が多く
まさか自分がいじめに合うとは
思ってもみませんでしたので

そのことは
わたしにとっては
かなりショッキングな出来事で
その後の人生に
多大なる影響を及ぼしたと思っています

そこで
出る杭は打たれる
女を敵に回すと怖い
男が絡むとややこしいことに巻き込まれる
ということを学んだ結果

目立たず
女性に受け容れられるおもしろキャラで
男っ気のない

そんな人生を歩んできました

それからというもの
まぁまぁ平和だったのにも関わらず

自分に自信がなく
自分のことが
どうしても好きになれない

ずっとずっと
そんな人生を歩んできました

ところが…

数年前から
どうにもモヤモヤして
わたしはこんなんじゃない
という気がしてなりませんでした

もっと自分を好きになりたいし
もっと自分を表現したいし
女性性も解放したい
という気持ちがどんどん大きくなっていくのを
感じていました

本当にありがたいことに
わたしは
さとう式リンパケアに出会うことで
思いがけず
それらを克服するきっかけをもらえました

もしも今
貴女が自分を好きじゃないと思っているのなら

子どもの頃の
あなたの姿を思い出してみてください

のびのび自分を表現していた
そのまんまでよかったのに

いつからか
周りを気にして
本当の貴女を閉じ込めてはいないでしょうか?

それは
あるいは貴女の優しさからかも知れません

でもね
どうせどんな貴女であっても
半分の人には受け容れられないのです
(実際、わたしはどこに行っても、わたしのことを嫌いな人に出会っていました)

それならいっそ
本来の貴女でいた方が
どれだけ幸せでしょうか?

たとえ半分の人には受け容れられなかったとしても
少なくとも貴女は貴女のことが
今よりずっと好きになれることは間違いないし

本来の貴女でいる方が
貴女を受け容れてくれる人たちは
今より深く愛してくれるはず

人生一度きり!
これからでも遅くはありません
さあ
思いっきり自分を表現して行きましょう♫