今日の気づき

珈琲を淹れながら人生を思う Part3

珈琲を淹れている時にあった
ふとした気づきを
書き綴った

珈琲を淹れながら人生を思うシリーズ

今日はPart3

Part1はこちら
Part2はこちら

さてさて
珈琲と一口に言っても

酸味があったり
深いコクがあったり
香り高かったり
すっきりとした味わいだったり

…と
豆ごとに
実にさまざまな個性を持っています

Part2で書いたように
浅煎りの豆は深煎りの豆に比べると
膨らみが弱いのですが…

膨らみが弱いから
豆の状態が悪い
ということではありません

一般的に
新鮮な豆は膨らむ
というイメージを持っている方が多いため
(わたしもそうでしたが)

膨らまないと良くない豆だとか
淹れ方が悪いのでは
と不安になるかもしれませんが

膨らむ膨らまないは
良い悪いでは無く
ただの個性です

ただ
表現が違うだけです

そりゃあ
秘めたる能力が違えば
表現が違うのは当たり前ですよね

それなのに
(何の根拠もないテキトーな)
一般論に踊らされて
ダメだと判断したり
不安になったり

アホくさいと思いませんか?

貴女は
ご自分のことを
そんな風に判断していませんか?

例えば
マンデリンが
「わたしブルーマウンテンになりたい!!」

なんて言って
一生懸命ブルーマウンテンになるべく努力していたら
それを見てどう思いますか?

いやいや
それは無理だって!
あなたにはあなたの良さがあるんだから
そこに気づいて
それを伸ばしていきましょうよ!!
あなたにしか出せない味があって
あなたはじゅうぶん素敵な豆なのよ!!!

って
声を掛けたくなりませんか?

それに
一般的には
ブルーマウンテンて
なんだかちやほやされる豆のようですが

人には好みがあって
全員が好きなんてことはあり得ません

人からの評価なんて
その人の好みが反映されているのですから
それに踊らされる必要はないのです

貴女には貴女の個性があって
他の人にはその人の個性がある

どれもこれも
素敵なのです

ぜひ
貴女の秘めたる能力や魅力に気づいて
そこをどんどん伸ばして行きましょう♫